最高 源泉正 [IZUMIMASA]青紙1号 330mm 本焼柳刃包丁-柳刃包丁

最高 源泉正 [IZUMIMASA]青紙1号 330mm 本焼柳刃包丁-柳刃包丁









【メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています】



【商品仕様】
鋼材青紙1号
構造本焼構造
仕上げ本焼仕上げ
黒檀八角柄
全長約485mm
刃渡り約320mm
重量約265g
※ 刃渡りは刃の長さを計測しています。 ※
※ すべて手作りの為、表示のサイズ・重量には多少の誤差が生じます。機械生産ではありませんのでご了承下さい。 ※

まさに至高の切れ味!!

通常考えられる包丁の最高峰と言える一品。

ひとかたまりの鋼(ハガネ)を鍛造する事で、きたえ上げられたオール鋼の構造。
一切の妥協を許さない熟練の職人によって作り上げられる本物の包丁は、使い手の拘りのセンスと高い技術が似合います。

もちろん青紙2号本焼包丁よりも更にワンランク上のプロも憧れる上物であり、白紙1号本焼包丁とはまた違った高硬度でしなやかな切れ味が味わえます。

耐蝕性があり曲がりにも強く、極上の滑らかなキレ味が特徴です。

柄は黒檀柄を挿げる事でさらに高級感が増しています。

極上の切れ味・高硬度の反面、衝撃に弱いので取扱いにも丁寧な配慮が必要になりますが、それでも一度は手にしてみたくなる逸品です。

総鋼製ですので、細くなっても切れ味は最後まで変わりません。大切に扱う事で「一生もの」と言っても過言ではないでしょう。

(尚、青一鋼は鏡面仕上げ商品ではございませんので御了承ください。)

元々は関西でよく使われていた刺身包丁ですが、最近は全国的に使われるようになりました。柳の葉のような細長い刃の形状が特徴でその名前の由来となっています。刃物の業界では菖蒲の葉から「正夫」とも呼ばれます。

魚介類をお刺身(切り身)にするのに特化した包丁ですが、
尖った先端で ほかの細かい色々な作業にも使いやすい包丁です。

お刺身は切り口が命!
力が要らない 鋭い切れ味で魚介を一気に引き切りする事で、細胞が押しつぶされずにお刺身の角が立ち、舌触りや香り・旨味に違いが出ます。

海外でも「YANAGIBA」の片刃の裏スキの技術が評価され、その素晴らしい切れ味は世界中のシェフにも人気が広がっています。


昔ながらの製法で、熟練の職人が1本1本手作業で作りあげます。抜群の切れ味はもちろん、砥石に刃が当たり易いとプロの方々にご好評を頂いております!


また、
新規ご開店・各種記念日やお祝事などのご贈答品にお使い頂く場合も多くございます。贈られた方にも大変喜んで頂いております本格プロ仕様の包丁です。ギフト包装も承りますので是非ご利用ください。


この商品は、受注生産品ですのでご注文順にお作りし順次発送しています。発送まで通常で2~3ヶ月、ご注文多数時は3ヶ月以上かかる場合がありますのでご了承の上ご注文下さい。


<柄について>

※ 柄の口輪部分の色は通常黒系となっておりますが、ごく稀に茶系や白系が混ざる場合があります。天然素材につきご了承下さい。 ※柄全体につきましても、木材の木目や節・角の線や色の出方が1本1本違います。同じ材でも使う部分によって個性が出ます。特に木目部分につきましては、全ての柄の表情に個性や風合いが様々です。2本と同じ物は無いそれぞれの個性としてご理解頂きまして、割れやひび等以外の返品交換は出来かねますのでご了承願います。



● 銘切(名入れ)不可のお知らせ ●

大変申し訳ございませんが、現在はこの包丁の銘切(名入れ)は承る事ができません。諸事情によりご迷惑をお掛け致しますがご了承のほどお願い申し上げます。

最高 源泉正 [IZUMIMASA]青紙1号 330mm 本焼柳刃包丁-柳刃包丁 最高 源泉正 [IZUMIMASA]青紙1号 330mm 本焼柳刃包丁-柳刃包丁

最高 源泉正 [IZUMIMASA]青紙1号 330mm 本焼柳刃包丁-柳刃包丁 最高 源泉正 [IZUMIMASA]青紙1号 330mm 本焼柳刃包丁-柳刃包丁